②心理学について

最近は、アドラーが流行しています、流行したものだけを読めば
よいという判断をする人がいますが、アドラーに対しては心理学者は
無関心です、解説本を書いているのは、心理学者では、ありません。

何故か?フロイト派、ユング派が台頭してるからです。
ヨーロッパに留学してこれらを勉強したと言えば、注目されますが、
異論を唱える人がいます、「これらは心理学研究という科学への体裁を整えていない
古典神話である」と、これからは、仮説、検証をする実験心理学の
「ヴント」の時代であると。

(「本当にわかる心理学」)

心理学を勉強するなら、「○○心理学」という”単一”ではなく、色々な、
(心理学以外も含めて)「一緒くたに」=重なり発見型で勉強しないと、
何がわかるかという全体像としての発見ができない。

この考え方は、私の考えと、ぴったり一致します。
専門家からお墨付きをもらったようなものです。
占いの世界も同じです。