家族療法 ジェノグラム

「家族療法」

ジェノグラム(genogram)

援助者が、相談者を中心とした家族関係を理解するための図。

世代間の相互影響を心理学上の視点で観察する手法。

geneは遺伝子という意味、diagramは図表を合成した造語。

性別、関係性、年齢のデーターのみの家族図から問題を想像するという課題、

この方法だと、見方に偏りが出ます。

片寄りのままで仮説を建てると大きく間違います。

いろんな人の視点が聞けて面白いという人もいますが、一過性で

 

じメンバーだと、個人ごとの偏り,固定した視点のくせがわかってきます。

実例、検証を繰り返しながら仮説を立てるという事を繰り返さないと、

大きく間違います。

 

事例研究

耐震強度偽装問題で構造計算書を偽造していた姉歯秀次元1級建築士

の複雑な家族関係の分析、原因の発端は祖父母に始まる。

子供が9歳の時父が失踪、離婚、母親は病弱、妻はうつ傾向(飛び降り自殺)

 

私の「運命の遺伝子」と共通するところもありますが、

私の場合は生年月日と名前で観るので格段の違いです。

この建築士が建築の仕事に向かないことも即わかります。

偽装を始めた時期が最悪の時であることも、奥さんのデーターがあれば、

うつ傾向もわかり、心理的推測のアプローチとは、大きな違いが出ます。