ナラティブ アプローチ

相談者から話を引き出す(ナラティブ)

方法。
「被支援者がこだわっている(大きな物語:ドミナント・ストーリー)」

そのなかで、注意深く聞いていると、例外に思えるような語りも出てくる。
この「例外の物語」(ユニークアウトカム)エピソード等を逃さず、引き出して

強化(理論的なバックアップ)し力強い物語(解決案=代替案:オルタナティブ)

にする。

そうすると、問題が解きほぐされ、相談者が問題を乗り越える力を発揮できるように

なる。
結果的に、最初に問題とされていたものが解消に向かって動き出しやすくなる。

 

相談者は、自分の問題をよく理解しているわけではない。
問題を抱えた人の相談に乗るのは、奥が深い行為です。
「こうすればいいよ」という解決策を、

示すのは、相談者(相談する側)の依存心を高めかねません。
依存されるのは、相談に乗る側にとっては嬉しいことかもしれませんが、

相談者にとっては善いとは限りません。
医者に依存しきった患者は、調子が悪くなるたびに先生に診てもらいたくなります。
同じように、答えをもらった相談者は、それが素晴らしい答えであるほど、

問題が生じるたびに答えをもらいたくなる誘惑にかられます。
相談者のためになっているとは言いがたくなってしまいます。
そもそも、他者が、当事者の問題をすべて酌み取れるわけでは、ありません。

 

ただし、支援をしないで、相談者の自立を理想化すると現実対応が

できません。

「理想ー現実」=ネガティブな評価

相談の現場では、時間、費用、緊急性、の要請が伴います。

手法にこだわらないで、臨機応変な対応が求められます。

ただし、防衛機制に注意。

 

これができる為の、カウンセラーの条件は!?

1、基本的に明るいこと、

2、話しやすいこと

3、相談者が、初対面で瞬間に、親近感を感じやすいこと。

4、話を引き出すネタ、話題、情報、事例を即、引き出せること。

一般的なカウンセラーは、ネタが少なく限定的です。

理由:日常的な勉強をしない。資格があるから。

5、傾聴スタイル、慰め対応では、

できません。できても時間、日数がかかります。

少しマシな、カウンセラーの得意領域。

 

ナラティヴ・ソーシャルワーク―“

〈支援〉しない支援"の方法