(私の場合は、原因も即、判断します)
「今ここで何が起きているのか」を重要視します。

 

※ブリーフセラピーの考え方
1.原因探しをせず「例外の質問」
例外(問題の中ですでに解決している部分)を探す。
2.これまでとは何か違う事をする。
3.うまくいっていることを続ける。
「悪循環を切る」「良循環を拡張する」
-----------------------------------

ブリーフセラピー(brief therapy)講座より
世界の解決事例の90%以上が、この技法で解決。


ブリーフセラピーは、やり方しだいで、

一言、3~5分でも、人を変えられることがあります。

 

ブリーフセラピーの講座より

子育てに関する重要なことを書いています。

子供は、成長過程で迷惑をかけてよい存在なのに、

親があれこれうるさくて、親の評価に従う良い子が

「行き詰まり」を感じて、その跳ね返り現象が起きる。
「不登校」「拒食症」「薬物依存」「リストカット」

「自殺」学校の先生は、これらを目の当たりに体験する。
時には、自殺する子を引き止めるのに先生が自分の命をかける自体に。
 

私の経験。
例えば、保育園に行ったときに子供が部屋に入るときに、

元気良く「こんにちは」だけでよいのに「お邪魔します」と

言って神妙に入って来たことがあります。
帰るときは、お行儀良く正座して見送ります。


これらが間違いだとは、文部省、教育委員会、保育士の先生は、気がつきません。

 

中学の文化部の生徒に会ったときに感じた事、非常におとなしい、

おとなしすぎる。

一番エネルギッシュな時期に自分を抑えることが

最善だと教えられているよう。

「従属的な子供たち」がもつこの秘めたエネルギーはどこかで爆発します。

(「人生の悲劇は、良い子に始まる」)

下に画像

 

ブリーフセミナーの講座より

小学校は、人生の土台を作る場所なのに、

自分の感情を抑えて、人の評価(あるべき論)で生きている。
楽しみながら体を動かす世代なのに、

無理をして、

すぐに骨折する、免疫力が低下、ウィルスがすぐに全体に感染する。

 

高校生が、親に迷惑をかけたくないといって、

自分のわずかな悩みを押し殺し、クスリ依存になり、矯正施設を出たとたん、

電車に飛び込んで死んだことも。


小学校では、生徒も先生も「忙しい」が口ぐせになっている。

(私の依頼者のケース)

高校の先生も家で仕事をしながら寝てしまう毎日で、

過労で倒れたという。

でも、契約上辞められない、先輩は助けてくれないばかりか仕事を押し付けてくる。

学校の先生の70~80%は、過労死ライン!

(学校問題研究会講師)

 

子供が言うのには、「自分は帰る場所がない」

(帰ると親がうるさい、ゆっくり話す時間もない)

「悩みを受け止めてくれる者がいない」

「家に疲れて帰り休みたいのに、

親がいろいろな要求をするので休めない」

「中学は戦場だよ」(競争社会)と、
自殺を仕掛けた子の親は、

「子供に全てを満たしてます」という。

 

こういうこの子の親は、警察官、教師(あるべき論者)、

弁護師、医者(子に接する時間がない)、

豪華な家に住んでいる。
子供は、自分の感情すらわからないという。
 
学校に爆破予告をしていた子の親は、

そのつど子供に優しくしてたという。
人は心が満たされない時に、何か間違ったことをする、

それを認めては良くならない。

 

ごみ屋敷の住人は、ごみを蓄えることで、

自分の心を満たしている。
自分の心が満たされていないのに人は愛せない、

こういう人は人に対し、

「こんなにやってあげているのに」という。

 自分を犠牲にする。自分を責める。

未来を不安に思う。過去を悔やむ。

というようなことは、

自分のエネルギーを小さくします。
過去の事実は、変えられなくても、

過去の感情は変えられます。

(これがポイントです)

 

自分を自分で評価し、励まし、自分を愛すること。
他人から与えられたものではなく、

 

自分がもっているもので自己の可能性を広げることが出来ます。

よいことは続ける、悪いこと、嫌な事は忘れる。

 

私のおかげで、あなたが良くなったという指導法は、

本当の指導法ではない。
本人が気づけば、それで良い。
大事な事は「楽しむ」スタンスを持つこと。

 

「遊びをせんとや生まれける」

(後醍醐天皇)

「人生の悲劇は、良い子に始まる」

子育てに関係なく、心理的に詳しく書かれた良い本です。

現在の保育園、幼稚園、学校は良い子作りにフォーカスしています。