人生脚本の書換え

震災で他人を助けようとした母親と自分の手が離れたため、母をなくした高校生が、
(親孝行できなかった責めをおい)被災地を毎日、遺体を求めてさまよい歩いている。
この高校生にどうアプローチしたら、日常の世界に戻せるか?
ここで出てきた例題がカウセリング手法の「narrative therapy」クライエントの自主性に任せて

自由に記憶を語らせることによって、単なる症状の除去から人生観の転換に至るまで

幅広い改善を起こさせることを目的とするもの。 ウィキペディア

※資格を持った心理カウンセラーも知っていません。

の子の人生の物語(人生脚本)を書き換えることで救える。

 

難しく書きすぎました。

人生脚本の簡易な説明はこちら(現在、消えてなくなっています。)
--------------------------------------------------------------------------------
「書き換え療法」ナラティブ(物語)を心理療法の中核に置くアプローチの総称。
その基本的考え方は、個人の問題や症状は、社会的・歴史的・文化的な背景としての支配的な
物語、あるいは個人の物語(ナラティブ(narrative))と矛盾することによって、その人

独自の生き方ができなくなった状態であり、セラピストはクライエントに取り込まれた

支配的な物語をその人自身の物語(オルタナティブ・ストーリー「alternative」とは英語で、

通常「代わりの」「代用の」「もう1つの選択」という意味であるが、「型にはまらない」

という意味もある)に創生する支援をする。

つまり、クライエントの語る豊かな現実を尊重し、それをもとにした新たな現実構築を目指す
心理療法である。
この療法の背景には、人の世界には、各々の視点から再構築された現実があるのみだという、
(平木典子『統合的介入法』より引用)

 

 ⇨「心の処方箋」参照(具体例を読むと理解できます。

占いでは、生年月日と名前が、その人の人生を物語っていることがよくわかります。
(※信じなくとも)占いを研究していると、この事実を確認できます。
占いを活かすと、書き換えのサポートもしやすい、なぜなら物語を共有

(性格、考え方、人生の境遇を即座に理解)できるから、
これを目指すのが「占術カウンセリング」です。