ロジャース理論の実例

ある日のカウンセリング研究会は、

大先生がスケジュールを間違えた為

古いDVDでのお勉強、世界的に有名な臨床心理学者(明治生まれ)の事例研究。

中身は、バツイチの女性が好きでもない男との付き合いで、自分自身に対する責め、

娘に対する罪悪感、父親の言いつけに反する行為であることの苛立ち、


この相談にどう対処したかの事例、中身は「来談者中心療法」
女性は、悩みを吐露したことで少しは気持ちが楽になった?
カウンセラーに対して父親的な愛情感を抱いた、だが、1時間半で何も解決できず、
これで終わりです。継続的なカウンセリングが必要です。
この方法は、相談者に解決策は提示しないという方法で、観ていた女性は、

いらいらしたといっています。

 

今日来れなかった、大先生は、この方法は古くて、

この方法を「カウンセリングスクールで教えるのは間違い」と、

はっきり言っていますが、事務局やこの方法を勉強した連中は、
金科玉条のごとき扱い(賛美して満足)です。

 

大先生だったら即解決を要求します。
私だったら30分で本人が納得いく方法で即解決します。

占いとの決定的な違いは、関係者の内面が見えない、本質的な問題に

気付かず表面的に流れたままという事です。

結論は、男性と付き合う事は、失敗の繰り返しであることを示せば、何も禁欲的に

責めらずとも、彼女は納得するという事です。

最近も同じ様な事例がありました。

 

今でもカウンセリング講座では、教えています。

ほんの玄関だけですが、これでも資格がとれる世界です。