産業カウンセラーの実態

残念ですが、聞いた話なので書かざるを得ません。

部下が150人もいる大企業の幹部の話です。

精神的に悩む部下の相談に乗るのが大変と言われるので

会社には「産業カウンセラーがいるでしょう」というと、

彼らは、ただ「休みなさい」というだけで、まったく役に立たないので、

自分で勉強して(本200冊)、部下の回復を手伝っているという事でした。

これが産業カウンセラーの実態です。

産業と名がつくという事は、企業サイドに立ったカウンセリングで

個人対象ではありません!カウンセリングの原点から外れています。

この幹部の人の悩みは、私が、解決しました。

 

同じく、公共組織に産業カウンセラー協会から派遣された指導者が来るが

レベルが低くて役に立たないという企業内カウンセラーの

悩みにも対処しました。